作曲データを提出する際の音楽形式ファイル、サンプリング周波数、ビット数は

DAW編

こんにちは。作曲家のauxworksです。

今回は、作曲が完成し、データのやりとりを外部でする際、どんな形式ファイルで送れば良いのか、

拡張子って?、44.1KHzって?

そこら辺をざっくりわかりやすく解説していきたいと思います。

音楽ファイル形式と拡張子

mp3.wav.というのを見たことあると思います。

これは、ファイル名の後ろに必ずついている「拡張子」というものです。

良く社会人が使う資料のやりとりで出される「PDF」こちらもファイル名の後ろに

「〜.pdf」と出ていると思います。

わかりやすくいうと、タグみたいなものです!

ひと目で「あ、これはmp3ね!これはpdfね!」わかるように識別した感じです。

その拡張子に音楽面では、

拡張子(音楽形式ファイル名)

  • wav.(WAVE)
  • mp3.(MP3)
  • aif.(AIFF)
  • aac.(AAC)
  • mp4.(MP4)
  • flac.(FLAC)

などがあります。

もうこの時点でたくさんありますよね。

これには、2つのタイプに分けられていて、それぞれ役割がわかれています。

▶︎「非圧縮」ファイル

非圧縮は、文字通り圧縮してないので、高音質で作曲した音質をそのまま書き出している代わりに

データ量が大きいんですね。

なので、これから編集してもらうパラデータなどは非圧縮で書き出して提出するのが基本です。

代表的な対応拡張子【wav.】

  • 仮歌2mix
  • インスト(編集する時、参考に作っていくため)
  • パラデータ各種
▶︎「圧縮」ファイル

圧縮は、高音質なデータをいかにコスパよくデータ量を抑えたか。というものになります。

なので、編集しない。スマホやプレーヤーに入れて

レコーディングまでに聴いてもらうデータものに関しては「圧縮」ファイルの方が親切です。

代表的な対応拡張子【mp3.】

  • 仮歌2mix
  • インスト(歌い手演奏者に聴いてもらう用に)
  • パート別仮歌など

サンプリング周波数、ビット数とは

「44.1KHz」「16bit」

など見たことある人いるかもしれませんが、

ざっくりいうと

書き出しの際、

どれだけきめ細やかく書き出ししたもの

という感じで、

非圧縮で渡す際、書き出しでは

この次に細かい「48KHz」「24bit」以上で

書き出しましょう。

ここのパートで何がいいたいかというと

作曲したものを書き出しで

なるべく高音質でそのままの音質データを

提出して、

エンジニアさんにいい感じに仕上げて

高音質な音源にしてもらおう

という感じの流れなので

「きめ細やかくない」「圧縮された」ファイルを

エンジニアさんに渡したら

その状態から、完成までもってってしまうので、

完成の音質は目に見えてしまいますよね。

なので、ここも押さえておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました