オーディオインターフェースってなに?必要性とコスパ良しのおすすめをご紹介!

DAW編

オーディオインターフェースってなに?必要性とコスパ良しのおすすめをご紹介!

作曲する時に、

「これなに?必要なの?」って思う機械ランキングNo.1だと思います。

今回はこのオーディオインターフェースについて解説とその初めに買うべき、おすすめ商品を紹介します。

目次

・オーディオインターフェースとは

・どんなものがあるの

・最初に買うならコレ!

オーディオインターフェースとは

どこのサイトでも

オーディオインターフェースが必要って出てきますが、そもそも、何なのか?

わかりやすく解説していきます。

僕達から出る声って音として考えると

音の波、空気振動です。

この物理的なもの(仮にアナログと言いましょう)を

そのままPCに取り込むことはできないですよね?(内蔵マイクがない限り)

アナログをデジタルにする為には

変換しないと行けないわけです。

その変換、アナログとデジタルを繋げてくれるのがオーディオインターフェースなんです。

レコーディングをする時

僕らの声

▼     【アナログ】

マイク

オーディオインターフェース

USB等ケーブル

▼     【デジタル】

パソコン(DTMソフト)

基本的にはレコーディングスタジオも

宅録もこんな流れです。

逆に聴く時も同じで

パソコン(iTunesやDTMソフトで再生)

▼        

USB等ケーブル  

│               

オーディオインターフェース

スピーカーやイヤホン

僕らの耳

に入ってます。

尚、パソコンにも音楽を聴くくらいの

オーディオインターフェースは搭載されており

【デジタル】

パソコン(スピーカー、イヤホン)

僕らの耳

【アナログ】

という形で聴けますよね。

これもデジタルな電気信号を

アナログに変えて僕らの耳に届けてくれる訳です。

値段もピンキリで

各社特徴もありますが、

アナログ

音の波を表した時、このなめらかな波を

デジタルは、0と1の演算で処理しています。

縦横に分割して電気信号で送っているんですね。

そのきめ細やかさによって

音楽だったらハイレゾ

映像だったらフルHDだったり4Kだったり

と表現するわけです。

その分割をどのくらい、正確にきめ細やかくしているのかによって、

値段が高くなったりします。

なのである程度の細やかさ正確さがないと

作曲の作業中、正確なモニタリングができなくなるということになるんですね。

音が正確でないと、曲が完成し、書き出しして

いざプレーヤーで聞いたとき

「」

その基準や形、どんなメーカーがあるかを

見ていきましょう。

・どんなものがあるの?

主に卓上タイプと

ラックタイプの2種類があります。

卓上は自宅で作業する

コメント

タイトルとURLをコピーしました